次回展覧会

Miyaji Yuji, Wating for Spring, 2020, Watercolor of Canvas


この度ギャラリー碧では宮地佑治の初個展を開催いたします。
1934年桐生市生まれ、1959年東北大学文学部美学美術史科卒業。以降桐生市にて活動。戦後早い時期より盛んであった美術グループや桐生の画家たちと切磋琢磨し合い、中でもオノサトトシノブと衝撃の出会いを果たし15歳より師事する。

主な展覧会に、1961年「第一回個展」(東京)、1964年「第六回現代日本美術展」入選、1983-1986、1991年ギャラリーねこ(東京)、1994-1997年「石井克・宮地佑治二人展」シマ画廊(桐生市)、2011年ギャラーインザブルー(宇都宮市)、2014年ギャラリーファンタジア(佐野市)などがある。


宮地佑治は日々の自然の変化や生命の営みを一貫した独自の抽象技法で表現します。

「自然現象を色点の要素に分解する」と語る宮地の作品は、キャンバス上で無数のきらめく線と色彩とが交差しています。それは鑑賞者が内に宿す光の記憶との思いがけない出会いを感じさせます。

光を媒介に色を信号として受け取る我々の脳は自然現象の一つであり、宮地作品が放つ光との出会いそのものが自然現象といえるのかもしれません。

本展では1979年から今年制作のペインティング作品27点を展示予定です。普遍的な意識に揺らぎを与えるであろう宮地の風景世界を是非ご高覧ください。

展覧会名  記憶の中の光
作家名   宮地佑治(みやじゆうじ)
会期    2021年9月16日(木)- 9月28日(火) 休廊日9月22日(水)
開廊時間  午前10時 – 午後6 時
交通案内  JR足利駅、東武伊勢崎線足利市駅より徒歩16分
      お車でお越しの際は近隣の巴町駐車場をご利用ください。

常設展

休み明けは常設展示です。より一層感染症対策に気を引き締めていきたいと思います。

飯田善國「うしなわれないことば」

従業員に関するお知らせ

ホームページをご覧の皆様

いつもギャラリー碧ホームページにて情報をご覧いただき有難うございます。
今回は、当ギャラリーのスタッフに関するお知らせです。

7月いっぱいをもちまして、わたくし山口がギャラリーを去ることになりました。

碧のお客様には、大変お世話になりました。
アートに関する仕事はここでが初めてということもあり、多くのことを勉強させていただきました。
特に印象に残っているのは、碧にいらっしゃるお客様の気さくな人柄、そして地域の作家を支える、暖かい応援の気持ちです。

8月以降はわたくしはおりませんが、ギャラリーは元気に開廊しておりますので、今後ともどうぞご贔屓のほどよろしくお願いいたします。

スタッフ 山口

菊地匠「SUPERFLUO」

ギャラリー碧では7月8日から菊地匠の個展「SUPERFLUO」を開催いたします。
昨年個展を開催したばかりですが、今回は前回とは別の流れの作品をミニ個展として発表いたします。

菊池匠|Takumi KIKUCHI

「SUPERFLUO」

期間 2021年7月8日 ‐ 7月20日 *14日休廊
営業時間 10:00-18:00

今回も図録を展示販売する予定です。ぜひお手に取ってご覧ください。

那須秀至 展 初日です

本日より、個展 NASU HIDE 始まりました。6月29日まで開催です。

25日は夕方、4時ごろより作家を囲んでの鑑賞会を予定しております。
換気をを十分にして、空気清浄機を作動させ皆様のお越しをお待ちしております。

23日休廊、10:00 – 18:00

6月28日より、ウナックトウキョウでも開催されますが、異なる作品が並びます。是非この機会にご覧ください。

Hide Nasu ホームページ

那須秀至 展

当ギャラリーにおいて初個展になります。

現在ドイツ在住で昨年度はフランクフルト市主催の個展開催を実現するなど

大活躍の那須氏をご紹介致します。

23日休廊 10~18時

現在の展覧会は5月25日までです

現在開催中の展覧会「ゆきゆきて 心を重ねるⅡ」は5月25日までです。
雨の中、多くの方にお越しいただきありがたい限りです。

会期中、足利市内ではアートイベント「あしかがアートクロス」が開催中です。
あわせてぜひ足をお運びください。

※ 5月22日の午後には木下氏が在廊予定です。自伝にサインが欲しい方はどうぞ。

アーティスト情報 5-14

現在、休館中ではありますが群馬県立舘林美術館の展示「水に浮かぶ島のように」が6月13日まで予定されております。※最新情報をホームページにてご確認ください。

地元の作家も多く紹介されており、等ギャラリーで個展を開催した長重之、菊地武彦の作品も出品されております。再開され機会がありましたら、ぜひご覧ください。

ゆきゆきて 心を重ねるⅡ

昨年、計画しておりました2人展「ゆきゆきて 心を重ねるⅡ」を今年の5月13日から25日まで開催いたします。
*5月19日は休廊

出展作家は、木下晋 下川勝の2名です。

木下晋は、最近NHKのドキュメンタリーで取り上げられ、作品もさることながら作家自身の人生が注目されるようになりました。以下は、目黒区美術館のビデオです。初日は本人が在廊予定です。どうぞお楽しみに。

下川氏は、群馬県館林にて人が捨てた廃品、着古された衣類の布などを材料にして、作った新作を展示する予定です。どうぞお越しください。

作品紹介 5-3

今回は企画展の中から長重之、田沼真澄の2点を

ご紹介いたします。

長 重之

CHO SHIGEYUKI

タイトル   平野 A  B  C

サイズ    72.5×53cm

制昨年    2000年

様式     布  アクリル

価格     3点セット  60万円

田沼真澄

TANUMA MASUMI

タイトル   白玉楼

サイズ    60×60×35cm

様式     ミックスド・メディア

制作年    2018年

価格     18万

足利のモダン

2021年 4月29日(木)から5月9日(日)まで

足利のモダン展を開催いたします。

出展作家:長 重之 友成 潔 田沼 真澄

地域で長年活動してきた3人の作家をピックアップ。ゴールデンウィーク中ぜひお寄りください。
感染対策をして、お待ちしております。

作品紹介3-22

今回は、木下晋作品を2点ご紹介いたします。

碧では、5月後半に下川勝との2人展を予定しております。お楽しみに。

木下 晋

Kinoshita  Susumu

タイトル   待つ人

サイズ    190.0 × 100.0 cm

年代     1996 年

様式     鉛筆・ケント紙

価格                 お問い合わせください

木下 晋

Kinoshita  Susumu

タイトル   棄民

サイズ    190.0 × 100.0 cm

年代     1998 年

様式     鉛筆・ケント紙

価格                 お問い合わせください

2021年 あしかがアートクロス

今年は、昨年延期されたあしかがアートクロスが開催されます!(5月15日から30日まで)
市内の古民家や広場、美術館などで作品展示やイベントが行われます。
ギャラリーにポスターを掲示いたしました。フライヤーもございますので、ぜひお手に取ってご覧ください。

ギャラリー碧では5月の後半は、木下晋・下川勝の2人展「ゆきゆきて こころを重ねる part2 」を予定しております。今年の春は、足利でアート散策をぜひどうぞ!

あしかがアートクロス

開催情報2-13

碧では、引き続き常設展示を行っていますが、随時内容が変化しております。
少しづつ暖かくなってきたおり、ぜひお立ち寄りください。

現在、西側の部屋では菊地武彦作品をまとめて展示中です。旧作の小ぶりなものを展示してみました。現在の作品とはまた違った味わいがあります。変化を比べてみるのも、また楽しいものです。

作品紹介1-9

今回は、行木正義の作品2点を紹介いたします。

行木正義

Nameki  Masayoshi

タイトル   白の空間

サイズ    P30

年代     1981年

様式     油彩画

価格                 お問い合わせください

※行木正義画集「行木正義2001 – 西洋と東洋の拮抗・玄の軌跡-」P90に掲載作品

行木正義

Nameki  Masayoshi

タイトル   無題

サイズ    約 37×45cm

様式     油彩画

価格                 お問い合わせください

2021年 新春 碧セレクト展

本日1月7日より開廊しております。どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
ギャラリー内では、密になることなく感染対策をして皆様のお越しをお待ちしております。

1月8日より毎年恒例となりました、新春碧セレクト展を開催いたします。
少しお正月らしいものも並べてみました。

外出がはばかられる今、手元に気に入った作品を置き、心穏やかに室内で過ごされてはいかがでしょうか。