菊地匠 個展 in Platea

「in Platea」 2020年 岩絵の具・紙 壁面:フレスコ

 

2020年11月5日(木)ー 17日(火)10:00 – 19:00 休:11月11日

 

この度、ギャラリー碧では足利出身作家 菊地匠の2回目の個展を開催いたします。

昨年に続き開催する今回の個展のタイトルは「in Platea」。
これは、ラテン語で「中庭」や「通り」を表し、古代の中庭にいるような空間を演出いたします。
そのため、作家自身が作成したフレスコ画の壁を、ギャラリー内に設置、その中にさらに作品を展示するという菊地匠ならではの特別な空間となります。
すべて今回の個展のための新作で、約15点の作品が並びます。
ぜひ、この機会にしか体験できないアート空間をご覧に足をお運びください。

 

以下のお客様はご来場を控えるようお願いします。
・37.5度以上の発熱がある方
・咳、のどの痛み、くしゃみ、鼻水などの風邪の症状がある方。
・体調がすぐれない方。

・マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

プレスリリース in Platea

作品紹介10-11

今回は、菊地匠の作品 2点を紹介いたします。

 

菊地 匠   Kikuchi Takumi

タイトル    adonis 25

技法        紙・岩絵の具

制作年     2019 年

サイズ      162 × 50 cm

価格                     600,000 円

 

 

タイトル     pose / pause 18

技法        紙・岩絵の具

サイズ     130.3 × 80 cm

制作年     2019年

価格                      480,000 円

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

開催情報10-3

いよいよ芸術の秋の到来です。10月中は引き続き常設展示を行っております。11月からは菊地匠の個展を予定しております。お楽しみに。
現在、ギャラリーは混み合うこともなく、ゆったりと作品を鑑賞いただけます。

開催情報 9-21

秋の気配がしてきました。4連休中も元気にギャラリーはオープンしております。

常設展示も時々変化しておりますので、のぞきに来てください。

ドアもオープン。換気してお待ちしております。

 

作品紹介 8-28

今回は、森本洋充の作品 2点を紹介いたします。

森本 洋充   Morimoto Hiromitsu

タイトル    untitled

技法        フォトドローイング

制作年     1979年

サイズ      40 × 40.9 cm

価格                       お問い合わせください

 

 

森本 洋充   Morimoto Hiromitsu

タイトル    untitled

技法        フォトドローイング

サイズ     52.5 × 64 cm

制作年     1993年

価格                      お問い合わせください

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

2020年 夏季休業のおしらせ

梅雨が明け猛暑日が続きますが、現在ギャラリー碧では常設展示にて営業中です。

スタッフのマスク着用、消毒液の使用など、感染予防に努めてお客様をお迎えしております。

8月の夏季休業をお知らせいたします。

夏季休業:8月11日から16日まで

8月17日以降も常設展示を予定しております。家で過ごすことが多くなる中、ぜひお気に入りの作品を探しにいらしてください。

今後の展覧会・7月作品紹介

7月の作品紹介。今回は9月に予定しておりました2人展の作家作品をご紹介いたします。

9月に木下晋・下川勝 2名による展覧会を予定しておりましたが、現在の東京を中心としたコロナウィルス感染拡大状況を踏まえまして、展覧会を来年に延期することといたしました。
東京方面より多くのお客様がいらっしゃることが想定されるため、安心して作品をご覧になって頂きたいと考えた末の結論です。

少し先にはなりますが、2人の作品を楽しみにして頂けたらと思います。

 

木下 晋   Kinoshita Susumu

タイトル    シー君の興味

素材        鉛筆・ケント紙

制作年     1995年

サイズ      73 × 103 cm

価格                       お問い合わせください

 

 

下川 勝   Shimokawa Masaru

タイトル    遊歩行ノートより ― 早春 (ヤナカ)

素材         ミクストメディア

制作年     2020年

サイズ     23 × 16 × 7 cm

価格                      お問い合わせください

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

7月は常設展示です

無事、企画展が終了し現在は常設展示に切り替わっております。

本日は、9月の企画展に向けて撮影を行いました。

作家さんが新作を広げております。9月の展示楽しみにしていてください。

 

作品紹介 6-13

今回は、現在開催中(2020年6月11日 – 23日) 空間立体作家との出会い 展より、生井亮司さんの作品を2点紹介いたします。

ぜひ、実物をご覧になりに来てください。

生井 亮司   Namai Ryoji

タイトル    untitled-202006a

素材        乾漆

制作年     2020年

サイズ      30 × 30 cm

価格                       お問い合わせください

 

 

生井 亮司   Namai Ryoji

タイトル    form of form

素材         乾漆

サイズ     約 15㎝立法

価格                      お問い合わせください

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

空間立体作家との出会い 展

栃木県の緊急事態宣言解除をうけまして、6月よりギャラリー碧では通常通りの営業を開始いたします。
ゴールデンウィーク中に予定しておりました企画を6月11日より開催することといたしました。

展覧会名:空間立体作家との出会い

会期:2020年6月11日〈木〉~23日〈火〉 休み:6月17日

出展予定作家:柳原義達、堀内正和、清水九兵衛、森尭茂、飯田善国、水井康雄、井上武吉、澄川喜一、伊藤公象、若林奮、小清水漸、他

― 空間立体作家との出会い —

従来の彫刻・彫塑という概念ではくくれない造形が生まれ、「立体造形」という言葉が使われ始めた時代。

今でこそ、ロダンを筆頭にした従来の彫刻の概念とは異なる、空間を意識した作品は、珍しく感じませんが当時は新しい試みでした。

作品は室内に限らず、街中や公共施設に設置され、素材や表現も徐々に多様になっていきます。従来の見る者との関係による「鑑賞」ではなく、私たちがその作品をどう「読むのか」ということが問われる時代になりました。

作品が発表され月日が経った今、もう一度その「出会い」を見直します。作家が何を思い制作したのか、私たちは今それをどう読むのか。当ギャラリーにて、既知の作家との再会、そして初めて知る作家との出会いを楽しんでいただけたらと思います。

 

※ギャラリーでは、お客様の手の触れる部分の消毒、室内の換気、スタッフのマスク着用を行っております。体調にご留意され、気を付けてお越しくださいませ。

5月以降の展示について

5月以降、当初企画していた展示は、今年の秋以降に延期することと致しました。
地方の情報雑誌等に当初の予定を載せていただいておりますが、現在は休廊しておりますのでご了承くださいませ。

以下予定しておりました展示

5月 空間立体作家との出会い」
6月 朴永大 展
7月 那須秀至 展

詳しい変更後の日時につきましては、決定次第ホームページ、SNS等でお知らせいたします。

 

臨時休廊のおしらせ

.
新型コロナウィルス感染予防・拡散防止のため、4/3より当面の間休廊とさせて頂きます。
.
4月後半からの企画展等ご覧いただけるよう準備して参りましたが、
現在の状況を鑑み、皆様には安全が保たれる状態になったときに改めて
ご覧になって頂きたいと考えております。
.
休廊中ではありますがスタッフは在廊しております。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。
事前にご連絡いただければ、お越しいただくことも可能です。
メールアドレス: info@g-heki.com
.
今後の予定は随時ホームページに掲載いたします。
.
どうぞ安全第一でお過ごしください。
また当画廊にて再会できること楽しみにしております。

菊地匠 2019年個展より

アーティスト情報3-21

昨年の秋に当ギャラリーで個展を開催した、菊地武彦さんの作品が小杉放菴記念美術館で展示されます。

2020年4月11日から5月31日まで

フライヤーに大きく作品を取り上げてくださっています。
*現在も小杉放菴記念美術館は開館しております。

美術館とともに、日光で桜を愛でるのも良いかと思います。

常設展示にてギャラリーでも菊地武彦作品を展示中です。ぜひ帰りにお立ち寄りくださいませ。

作品紹介 3-10

今回は、菊池敏正さんの木彫作品をご紹介いたします。
4月30日よりギャラリー碧では立体作品の企画展を予定しております。
※ 立体作品の展示は6月11日からに延期になりました。

 

菊池敏正    Kikuchi Toshimasa

タイトル    figurative form – 022

素材        檜、漆

制作年     2016年

サイズ     大:15 × 12 × 11cm  小:9 × 6.5 × 6.5cm
6個セットの作品です。

価格                     お問い合わせください

 

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

開催情報2-14

風土祭企画の展示が終了し、常設展に切り替わりました。温かく春の到来を予感させる今日この頃、ぜひお出かけください。

作品紹介 2-3

今回は、現在開催中(2020年1月30日 – 2月11日) 菊地武彦・菊地匠 展より2作品を紹介いたします。
どちらも今年の新作です。ぜひ実物をご覧に来てください。

 

菊地 武彦    Kikuchi Takehiko

タイトル    線の形象2019‐3

素材          紙・岩絵の具・コラージュ

制作年      2019年

サイズ      60 × 84 cm

価格                       520,000円

 

 

菊地 匠     Kikuchi Takumi

タイトル    In Platea

素材          紙・岩絵の具

制作年      2019年

サイズ     52 × 40 cm

価格                      SOLD OUT

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

2月11日まで開催です

現在開催中の 菊地武彦・菊地匠 展は2月11日までの開催です。後でと思っていると、過ぎてしまうのでぜひ期間内にお越しくださいませ。

菊地匠さんは、新作を交えての展示になっております。
菊地武彦さんは、2011年頃の作品と、2018年にアートクロスで古民家にて展示した頃のドローイング作品などが合わせてご覧いただけます。

アーティスト情報1-27

2月11日より小山市立車屋美術館にて開催されるグループ展「ART=Research」に菊地匠が出展致します。

昨年当ギャラリーにて開催した個展では、多くの方にご来場いただきました。今回のグループ展は研究発表という形ですが、作品も展示される予定です。
お近くに行った際は、ぜひご覧くださいませ。ワークショップやアーティストトークなども企画されています。

小山市立矢車美術館

菊地武彦・菊地匠 展

展示名  菊地武彦・菊地匠 展

会期

2020年 1月30日(木)~ 2月11日(火・祝) 休:5日

展示内容

「足利風土祭」この足利の季節イベントに合わせまして、ギャラリー碧では、足利出身の作家 菊地武彦・菊地匠による2人展を開催いたします。共に、昨年は個展を当ギャラリーにて開催いたしました。今回は、旧作を中心に、昨年の個展とは一味違ったラインナップで展示いたします。個展に足を運んでいただいた方々も、また新たな作家の一面が発見できると思います。ぜひご覧ください。