第9回 アートマーケット

 

展示名  9th Art Market 

会期

2018年 12月13日(木)~ 18日(火)

展示内容

毎年恒例になりました、アートマーケット。
好評を頂き、今年で9回目を迎えます。
年に一度、ジャンルを問わずお薦め作品を、一堂に展示いたします。
数ある中から、お気に入りの一点を探しにいらしてください。

 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

作品紹介11-24

今回は、1作品を紹介いたします。

伊藤 公象

Ito  Kosyo

タイトル   多軟面体

サイズ    32cm×30cm×11cm

年代     1970年代

様式     セラミック・金彩 (共箱)

価格                   お問い合わせください。

 

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

接近 友成潔 作品

現在開催中の友成潔 展もいよいよ残り少なくなってまいりました。今度の日曜(11/11)が最終日となっております。
長年やってきた陶芸の仕事も、そして新作もご覧になれる貴重な機会です。

改めて、じっくりと接近してみると陶芸作品では、コンセプトである重力の造形が存在感を放っています。
こういった作品を、30年近くも前から発表していますが、今見ても十分に斬新です。
自宅など個人的な空間に置いて楽しんでも良いですし、
また、人の集まるホテルや公共施設の広い空間に、ポンと置いても映えます。

接近して、部分やマチエールが分かるよう撮ってみました。

新作の平面作品も、ただの平面ではありません。絵画的では全くなく、厚みのある作品です。油彩やアクリルなどの一般的な顔料で「描く」のではなく、作品を磨いたり、削り出したりして出来上がった、一種の立体作品のようです。端に磨いた風合いがあり、こだわりを感じます。

こういった作品は、飾る側の度量を試されているような気がするものです。友成潔略歴

友成 潔 展 11月1日より

11月1日より開始の友成潔 展 展示が完了し早めにお客様が見にいらしております。

今回の新作もインパクトのある力作ばかりです。東洋的かつモダンな友成さんらしい世界観が広がっております。

展示場所によって、いろいろな楽しみ方ができる作品達です。現代的な部屋にももちろん、茶室に飾っても良いかもしれません。

友成 潔 展

 

「相対‐陰」2018年

 

展示名  友成 潔 展

会期

2018年 11月1日(木)~ 11日(日)休:7日
9年ぶり、ギャラリー碧では2回目となる友成潔の個展を開催いたします。

陶芸から創作活動を出発し、半世紀以上にわたり作品発表を続けている友成潔。過去の作陶時代においては「布シリーズ」や、陶土を吊るし重力によってできた姿をそのまま焼き付ける「吊体」作品などを発表、独自の表現を追求し評価を得てきました。

2004年以降平面作品に移行するも、彼は「作陶も平面表現も同じ基盤に立ったものであり、描くという絵画表現とは、一線を隔すもの」としています。

この度の個展では、「相対」「相剋」と題された新作を中心に展示いたします。これまでの「DOTT-(痕跡)」「水の痕跡」「無明」といったテーマに加え、喜寿が近づいてもなお新たなる展開を続ける友成潔の世界観を感じていただけることと思います。

その探求をより鮮明にしたく、過去の陶・平面作品も合わせて展示いたしますので、ぜひご高覧ください。

 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

作品紹介10 – 14

今回は、2作品を紹介いたします。

杉全 直

Sugimata  Tadashi

タイトル   work P

サイズ    F20

年代     1989年

様式     油彩画

価格                   お問い合わせください。

 


木村 忠太

Kimura Chyuta

タイトル   クロ・サン・ピエールの庭

サイズ    約 99cm×74cm

様式     オイル パステル

年代     1984年

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

開催情報10 – 5

10月になり、企画展が終了し常設展示になりました。引き続き地元の作家もご覧いただけます。

芸術の秋!是非お散歩がてらお寄りください。

 

発信 THE ARTS OF ASHIKAGA

 

展示名  発信 - THE ARTS OF ASHIKAGA –

会期

2018年 9月20日(木)~ 10月2日(火)

展示内容

足利市美術館で開催される長重之の展覧会に合わせまして、足利出身の作家を中心に展示いたします。

長重之のレリーフの作品や菊地武彦の大作を中心に、若手作家作品もご紹介いたします。美術館と合わせて、ぜひ足をお運びください。

 出展作家

長重之、菊地武彦、牧田草平、菊地匠 他 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

開催情報9-1

東の部屋の改装がひと段落しました。壁が真っ白になりまして、とても広く感じます。
今度は、釘もしっかり効きますので、大きな作品も展示することができ、よりよい展示会ができそうです!

現在は、菊地匠さんの新作を中心に展示しております。ぜひ、塗りたての真っ白の壁と共に作品をご鑑賞ください。

 

作品紹介8-19

今回は、珍しい版画2作品を紹介いたします。

永井 一正

Nagai  Kazumasa

サイズ    約84cm×59cm

様式     シルクスクリーン

エディション 1 / 200

価格                   お問い合わせください。

 


リシャルド オトレンバー

Ryszard Otreba

サイズ    76cm×54cm (額を含む 84cm×59cm)

様式     木版画

エディション 16 / 25

年代     1968年

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

開催情報8-17

夏季休業が明け、ギャラリーはいつも通りお客様をお迎えしております。

外の暑さと喧騒を避けて、ぜひ足をお運びください。
現在は、菊地武彦さんの大きめの作品を中心に展示しております。

開催情報8-6

現在、ギャラリーではサマーマーケットが終了し、地元の作家を中心に常設展示に切り替わりました。
気軽にお立ち寄りください。

足利 七夕夜店祭り

今年も、ギャラリー碧が面する 北仲通りで夜店祭りが開催になります。七夕飾りが本日、設置されました。

2018年足利夏祭り 七夕夜祭:8月2日(木)~8月3日(金)17:30~21:30

ギャラリーではいつも通り、夜は7時まで営業しております。ぜひ、涼しくなった時間帯にお越しください。

作品紹介7 – 23

今回は、2作品を紹介いたします。

ジャン・コルト

Jean Cortot

タイトル   グルスクの陽光4

サイズ    約 23.5cm× 17.5cm

様式     キャンバスに油彩

年代     1960年

価格                   お問い合わせください。


ローマン・マルフリエ

Romain Malfliet

タイトル   アントワープ風景

サイズ    約 25cm× 34.5cm

様式     銅版画

エディション 89 / 100

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

 

サマーマーケットの展示風景

いよいよ19日から、サマーマーケットpart 2が開始です。去年のpart1では、ジュエリーが多めでしたが、今年はアート作品を全面に展示しております。

地元作家作品に加え、夏に似合いそうな、すっきりとした抽象絵画、立体作品など。連日猛暑日が続いていますが、ぜひ元気にお越しください。ギャラリー内は冷房が効いております。

 

記録集が届きました!

今年5月に開催した「古民家に棲む」の記録集が届きました。

作家さん達が協力して、出来上がった記録集です。

菊地武彦、田沼真澄、牧田草平、それぞれの展示の写真、そしてARTあしかが実行委員会の山下さん、民俗学研究科の川島さんの文章も載っています。

ギャラリーにお寄りの際は、ぜひご覧ください。サマーマーケットでは、引き続き「古民家に棲む」で展示した牧田作品を展示致します。