Articulation+

平素より弊画廊にご協力を賜り厚く御礼申し上げます。このたびギャラリー碧では小松佳代子(長岡造形大学教授)、生井亮二(武蔵野大学教授)による企画監修のグループ展「Articulation+」を開催いたします。

Articulation―区切りと生成 
Articulationは「分節化」と訳されることがあります。骨の関節や竹の節のように、それは分けつつ接続することを意味します。美術作品として形にすること、あるいは言葉として表現することは、流動的な世界に一つの区切りを入れることです。しかしそれは、わかりやすく分類して「わかったことにする」ためにではなく、いったん区切ることで、そこから新たな思考を生み出していくためにです。 

私たちはあらゆるものを区切りながら生きています。美術もさまざまなものと区切られているように見えます。美術は、感性的なものであって論理的なものではない、美術は虚構であって現実ではない、美術は感覚で理解するものであって研究するものではない…。確かにそうなのかもしれません。しかしそうして区切るのは、「美術とはこういうものである」と決めてしまうためではなく、むしろそのようにして区切ることで生じてくる違和感、「本当にそのように区切ることはできるのか?」という問いから、新たな見方が生まれていきます。 

本展覧会は、美術作品の展示です(という区切り方をしています)。しかし同時に、美術の表現とは何か、作品を展示するとはどういうことかということを、そのように区切ることでまた考えていこうとする探究のプロセスでもあります。展示することは一つの区切りですが、それは終わりではなく問いの生成へとつながります。終わらない探究の現時点での姿としてご高覧いただければ幸いです。

「Articulation+」
会期 2022年10月22日(土)‐12月18日(日)
時間 10:00-18:00 
定休日 水曜日
参加アーティスト
生井亮司:東京芸術大学大学院博士課程修了/彫刻家・武蔵野大学教授
藤原彩人:東京芸術大学大学院修士課程修了/彫刻家
三好風太:東京芸術大学大学院修士課程修了/横浜美術大学助手
竹本悠大郎:上越教育大学大学院修士課程修了/長岡造形大学大学院博士課程3年
さかいともみ:長岡造形大学大学院修士課程修了/長岡造形大学職員
岩本彩花:長岡造形大学大学院修士課程修了
長島聡子:東京芸術大学大学院修士課程修了/長岡造形大学大学院博士後期課程2年・大邱大学校造形芸術大学融合芸術学部助教授
飯塚 純:長岡造形大学大学院修士課程修了/長岡造形大学大学院博士課程1年・小千谷西高校非常勤講師
石黒芙美代:東京芸術大学大学院修士課程修了/長岡造形大学大学院博士課程1年・小田原短期大学専任講師
菊地 匠:東京芸術大学大学院修士課程修了/すいどーばた美術学院講師
南雲まき:東京学芸大学大学院教育学研究科修了/長岡造形大学大学院博士課程2年・立教大学特任准教授
山本玲央:東京芸術大学大学院修士課程修了/桜美林大学専任助手
橋本大輔:東京芸術大学大学院博士課程修了/桜美林大学専任助手
櫻井あすみ:東京藝術大学大学院修士課程修了/川口短期大学非常勤講師

同時開催「Ariculation -区切りと生成-」
会場 小山市車屋美術館 
前期 10月22日-11月20日 後期11月23日-12月18日

Instagram関連記事

菊地武彦「With Drawings 2020-2022」


9月29日より菊地武彦の個展「With Drawings 2020-2022」を開催いたします。
3年ぶりとなる本展は大作を含む新作ドローイング作品を15点発表予定です。


会期 2022年9月29日(木)‐10月11日(火)
時間 10:00-18:00 
定休日 水曜日(会期中10月5日)

2020年頃からドローイングを中心に描いている。長年岩絵の具を中心に制作していたが、ドローイングは岩絵の具を使用せずにチャコール(木炭)などで描いている。

 いつもエスキースなしで描く私のやり方は、材料にかかわらずドローイング的といえるが、色材の変更は様々な変化をもたらした。実感するのは画面との距離感だ。色材は前掲のほかにグラファイト(黒鉛)やパステルなどを使用するが、これらの材料の特徴は色材を直接手に持って描くことだ。それにより身体と画面が近づき、また線を消したり擦ることで画面に触れながら描く事態も起こる。つまり直接性が強くなり、同時に原始性も強くなっていく。

 ドローイングにおいて身体性を伴った線を引くことは、固まった思考や癖をほぐすストレッチに似ている。ここ数年、場所に起因する制作をおこなっていたが、今回はそれが前面に出ていない。コンセプトを打ち出す明快な志向がないところが、自分にとってのドローイングなのかと思っている。そこでは自分の引いた線に驚く事態も発生する。直接性によって画面は出来事のような性格を帯び、一回性を獲得し、そのときその場での身体が定着されるからだ。

 このようなドローイングについて、的確な言葉がまだ見つからないが、ホイジンガが人間を「ホモ・ルーデンス」(遊戯人)と定義したことを思い出す。文化や芸術は崇高な遊びの中から生まれてくるというのだ。(ただホイジンガ自身は直感的絵画や抽象絵画は認めなかったのだが)そしてこれらのドローイングによって、何か新たな制作の扉の前に立っている感覚が、たしかにある。          

テキスト 菊地武彦

菊地匠「from A」

この度ギャラリー碧では菊地匠の4回目の個展を開催いたします。
1991年栃木県足利市生まれ。2015年東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2017年同大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。現在は東京、足利にて制作。

菊地匠のワイプオフをはじめとする自身の関与を抑える手法が、本展では空白の作成へと向かった。

新作であるカラバッジオ『聖マタイと天使』、マネ『オランピア』のオマージュ作品を原作と見比べると、元の対象物が大胆に切り取られていることが分かる。その手法は削除や切り抜きといったデジタル処理の技術を彷彿させる。そしてキャンバスに広がる余白からはデザイン制作に使用されるアプリケーションの『アートボード』のような空間が想起される。アートボードは絵画における支持体とはまるで別物で、そこで構成されたオブジェクトは何度でも簡単に「なかったこと」にできる。また、菊地のそれはもの派における空白とも違い、素材や自然に回帰することを許さない。

“深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいている” 哲学者ニーチェのいう深淵のごとく、菊地の空白は自己の不在を究極に押し進めたものといえるかもしれない。

ここから見えてくるものはなにか。本展の詩作で菊地が指摘する顔と絵画の「類似性」にその一端が現れる。菊地は前個展『In platea』刊行誌の中で絵画における自律性をマネの画中に認めた。19世紀パリを舞台に、虚ろな表情の人物を描き続けた大作家の作品から都市に自由が浸透する一方、人々が自らの生を自ら受け止めざるを得なくなった背景を読み解いた。つまり、絵画が不可逆的(元に戻らない、一方的)な性質を帯びることを挙げたわけだが、顔という器官もまたそれを強く示唆すると菊地はいう。

20世紀フランスの哲学者エマニュエル・レヴィナスによれば、顔は地位や属性、服の着こなしといった社会性をまとうことなく人の本質をありありと表現する。つまり顔は顔であるだけで意味があるという。

曖昧な表情とは主題を持たない人の本質を表しているともいえ、不可逆的な存在とはまさに人の生そのものといえる。ではこうした生を菊地は自作でどう表現したか。

詩作には花や天使、巨人であるアトラスが人知れず佇む様子が読まれる。世界と自身とを隔てる煉獄のような空白、そこで露わになる現実への強い衝動や生への渇望。それらが行き場もなく永遠に彷徨うものとして描かれる。ここにこそ菊地の真骨頂が見て取れるのではないか。

神なき時代、それは過剰で痛々しい現実を媒介せずには生を実感できない時代ともいえる。であるならば菊地のように遠く生の鼓動を聞きながら、日常に転がる会話や記憶の断片を拾い集め、記録する行為を今、尊く想う。

会期 4月28日‐5月10日
定休日 5月4日
時間 10:00-18:00

Heki Collection

Yuji Miyaji

明けましておめでとうございます。
1月6日より常設展(飯田善國、榎倉康二、若林奮、宮地佑治、etc…)を開催します。
2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

12th ART MARKET

12月9日よりアートマーケットを開催いたします。
年に一度のアートマーケットでは、ペインティング、陶磁器、彫刻、リトグラフ、ポスター等、様々なジャンルのコレクションを展示いたします。
価格もお求めやすい作品が多く、リトグラフやビンテージポスターは展示する機会が少ない作品を出展しております。
是非お運びください。

会期 12月9日(木) – 12月14日(火)
時間 10:00 – 18:00

installation view

次回展覧会

11月4日(木)より10年ぶりとなる丸尾康弘の個展「うしろのしょうめん」が始まります。

「一人の二人のボク(7)」,2021, h89 cm, 楠

会期 2021年11月4日(木) – 11月16日(火)
   11月10日(水)定休日
時間 10:00 – 18:00

この度ギャラリー碧では丸尾康弘の個展を開催いたします。
丸尾は1956年熊本県山鹿市生まれ、1982年東京造形大学造形学部彫刻専攻卒業。現在は桐生市と山鹿市にて制作。受賞歴に2000年第24回上毛奨励賞がある。主な展覧会に、1985年「茅沼彫刻シンポジウム」(釧路市)、1987年「海馬空間」東京都美術館、1989年なすび画廊(東京)、1991年「日独現代美術展」熊本県立美術館、2014年「夢の軌跡 群馬の作家59人展」高崎シティーギャラリー、2020年「丸尾康弘展 今、こどもたち」渋川市美術館、大川美術館(桐生市)など多数ある。

「ここ数年こどもたちの像を多く作るようになりました閉塞感が強まる世界の中で私の願いを込めたこどもたちの像を制作しています。」と語る丸尾の作品はこどもならではの柔らかでピュアな印象を与える一方、うつむき、戸惑い、憂いを抱える表情、歪曲した腕、本数の多い脚など独特な造形が強い存在感を残す。これはこどもたちを取り巻く現実を露わにしているとはいえないか。こどもを巡る問題の解決方法は一方的な傾向にあるという。そのコンテクストに身をおく丸尾の表現により、出てくる答えは常に多面的であることに気づかされる。ほぼ機械を使わず手仕事により向き合ったその丁寧な制作過程は、承認欲求が飛び交う場よりもよほど心が通った時間が流れているようだ。

「私自身もう亡くなってしまった見えない人たちとの会話が増えてきました。うしろの人たちとの会話に励まされています。」とも述べる丸尾は未来を生きるこどもを通じて、死者との対話、過ぎ去った時間の記憶を宿すことを追い求めているかのようだ。こどもに向ける眼差しのなかには自らが見守られてきた過去の時間も並行的に存在しているのであろう。

突然始まったニューノーマルにゆとりすら失われつつある現代。まずはニュートラルに立ち返る時間を持つことが必要なのかもしれない。

10年ぶりとなる本展では木彫13点、木彫スケッチ13点、ドローイング14点を展示予定です。是非ご高覧ください。