作品紹介8-19

今回は、珍しい版画2作品を紹介いたします。

永井 一正

Nagai  Kazumasa

サイズ    約84cm×59cm

様式     シルクスクリーン

エディション 1 / 200

価格                   お問い合わせください。

 


リシャルド オトレンバー

Ryszard Otreba

サイズ    76cm×54cm (額を含む 84cm×59cm)

様式     木版画

エディション 16 / 25

年代     1968年

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

開催情報8-17

夏季休業が明け、ギャラリーはいつも通りお客様をお迎えしております。

外の暑さと喧騒を避けて、ぜひ足をお運びください。
現在は、菊地武彦さんの大きめの作品を中心に展示しております。

開催情報8-6

現在、ギャラリーではサマーマーケットが終了し、地元の作家を中心に常設展示に切り替わりました。
気軽にお立ち寄りください。

足利 七夕夜店祭り

今年も、ギャラリー碧が面する 北仲通りで夜店祭りが開催になります。七夕飾りが本日、設置されました。

2018年足利夏祭り 七夕夜祭:8月2日(木)~8月3日(金)17:30~21:30

ギャラリーではいつも通り、夜は7時まで営業しております。ぜひ、涼しくなった時間帯にお越しください。

作品紹介7 – 23

今回は、2作品を紹介いたします。

ジャン・コルト

Jean Cortot

タイトル   グルスクの陽光4

サイズ    約 23.5cm× 17.5cm

様式     キャンバスに油彩

年代     1960年

価格                   お問い合わせください。


ローマン・マルフリエ

Romain Malfliet

タイトル   アントワープ風景

サイズ    約 25cm× 34.5cm

様式     銅版画

エディション 89 / 100

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

 

サマーマーケットの展示風景

いよいよ19日から、サマーマーケットpart 2が開始です。去年のpart1では、ジュエリーが多めでしたが、今年はアート作品を全面に展示しております。

地元作家作品に加え、夏に似合いそうな、すっきりとした抽象絵画、立体作品など。連日猛暑日が続いていますが、ぜひ元気にお越しください。ギャラリー内は冷房が効いております。

 

記録集が届きました!

今年5月に開催した「古民家に棲む」の記録集が届きました。

作家さん達が協力して、出来上がった記録集です。

菊地武彦、田沼真澄、牧田草平、それぞれの展示の写真、そしてARTあしかが実行委員会の山下さん、民俗学研究科の川島さんの文章も載っています。

ギャラリーにお寄りの際は、ぜひご覧ください。サマーマーケットでは、引き続き「古民家に棲む」で展示した牧田作品を展示致します。

サマーマーケット part 2

 

展示名  サマーマーケット part 2

会期

2018年 7月19日(木)~ 31日(火)

展示内容

去年に引き続き、今年もサマーマーケットを開催いたします

現役の取り扱い作家に加え、具象の作品も多く展示いたします。

暑い中ですが、ぜひお立ち寄りください。

出展予定作家

江見絹子、田中岑、田淵安一、村井正誠、森省一郎、他

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

床直し中

ただいま、ギャラリー碧では床を直しております。古くなった、シートを剥がして、コンクリート部分をきれいにしております。

しかし!ギャラリーはお休みではありません!西側の部屋で、開廊中です。トラックが店の前にあっても臆せず、お立ち寄りください。

数日で東側の部屋もきれいになると思いますので、ぜひ見にいらしてください。

雨が続きますが

6月もそろそろ終わり。一年の半分が過ぎようとしております。ギャラリー碧では、雨でも変わりなくお客様をお待ちしております。

先日、菊地匠さんの新作が届きました。紙に岩絵の具を使用しているところは、前の作品と同じですが、今回はその顔料をすぐに取り去るという作業が加わっています。

うっすらと残る顔料、しっとりとした表面が不思議な魅力を湛えています。ぜひあしをお運びください。(画像では、いまいち魅力を伝えきれません。ぜひご自身の眼でご覧になってください。)

 

開催情報6-8

現在は、注目の現代作家作品を展示しております。

東側の部屋では、先月アーツ前橋にて展示をしていた菊池敏正の作品を中心にご覧になれます。
現在彼の作品は、イギリスのヴィクトリア・アルバート美術館でも、展示されております。

 

西側の部屋では、「古民家に棲む」で展示されていた牧田草平作品、2点が展示中です。
会場でご覧になれなかった方、ぜひギャラリーで2点のみですがございますので、足をお運びください。

作品紹介6-4

今回は、地元の作家作品2点をご紹介いたします。

スライドショーには JavaScript が必要です。

友成 潔

Tomonari  Kiyoshi

タイトル   吊体・陶

サイズ    約 34cm× 30cm × 6cm

様式     陶

価格                  8万円

友成潔らしい、陶土を吊った形のまま焼成した作品です。重力でできた形をそのまま活かし、迫力ある立体になっています。
友成潔の略歴はこちら

 


スライドショーには JavaScript が必要です。

下川勝

Shimokawa Masaru

タイトル   ミカモ草

サイズ    直径 約8cm

素材     ミクストメディア(自ら川などで採集した、ペットボトルキャップを利用)

年代     2017年

価格                   10点 セットで45万円

下川勝は1950年大分県生まれ
現在は群馬県館林市にて制作活動中
白尾勇次、前田常作に師事
初期の緻密な絵画作品は、井上ひさし等の本の装丁に使われる
現在は、渡良瀬川流域で拾った空き缶、ペットボトルなどを利用し
社会的メッセージ性のある作品を作り続けている。


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

「古民家に棲む」初日です

あしかがアートクロスの展示「古民家に棲む」本日19日から初日を迎えました。JR足利駅北口から、すぐ歩いて行ける距離の古民家を活用した展示です。多くの方が早速訪れていました。会場と一体となった展示ですので、画像で観たのと会場で感じる雰囲気とは、また別物です。会場で観た方が、ずっと感じるものがありますね。

27日までですので、お見逃しなく!

開催情報5-11

ゴールデンウィークが終わり、ほっとしたこの時期 ギャラリー碧は常設展示に切り替わりました。

5月13日から始まる「ああしかがアートクロス」に合わせて、地元の作家をご覧になれます。
アートクロスに参加している作家3名、菊地武彦、田沼真澄、牧田草平の作品もございます。

その3名が展示する「古民家に棲む」は5月19日より開催です。詳しくはこちら

 

 

19日は、SLが走るイベントもあり賑やかになりそうです。足利の街を散策しながら、楽しいひと時を。

あしかがアートクロス「古民家に棲む」

あしかがアートクロス「古民家に棲む」

作品紹介 5-1

今回は、2作品を紹介いたします。

今年(2018年)個展を開催した寺村サチコさん作品です。
染色、絞りの技術を活用した他に類のないアートです。
寺村サチコさんについては、こちらを参照ください。

寺村サチコ

Teramura  Sachiko

タイトル   crowls

サイズ       約 43cm × 33cm × 15cm

素材     絹・ワイヤー

年代     2015年

価格                    17万円

現在はパネルに取付、アクリルケースを付けました。作品として、すぐに壁に取り付けられる状態になっています。
また、壁でなく棚など台の上に平面に設置しても立体作品のようにして楽しめます。


 

寺村サチコ

Teramura Sachiko

タイトル   MY SEET TOXICANTS – colchicum

サイズ    約 38cm× 径25cm

様式     絹・綿

年代     2018年

価格                    6万円

テグスで上からつるして、楽しんでいただけます。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

展示風景 NEW LIGHT ARTISTS

4月26日から開催の展覧会 NEW LIGHT ARTISTS part2  展示の様子を早めにお届けいたします。今回も、戦後美術のまだまだこれから光をあてていきたい作家を選出しました。この展覧会を通して、「このような素晴らしい作家がいたのだ」ということを、ぜひ感じていただきたいです。(出展作家:一原有徳 岡本建彦 瀬戸浩 豊島弘尚 行木正義 西村陽平 彦坂尚嘉 保田春彦)

 

NEW LIGHT ARTISTS part-2

 

展示名  NEW LIGHT ARTISTS part2

会期

2018年 4月26日(木)~ 5月8日(火)

展示内容

Part -1に引き続き、戦後前衛的な作品を発表し続けた作家を取り上げ、新たな光を当てていく展覧会です。「新しい光」をあて、作家たちの素晴らしさを再認識してもらおうという試みです。
 出展作家

 

一原有徳 岡本建彦 瀬戸浩 豊島弘尚 

行木正義 西村陽平 彦坂尚嘉 保田春彦

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

作品紹介4 – 7

今回は、2作品を紹介いたします。

行木正義

Nameki  Masayoshi

タイトル   空間志向

サイズ    F20

様式     油彩画

価格                   お問い合わせください。

 


豊島 弘尚

Toyoshima Hironao

タイトル   原始星Ⅰ

サイズ    F10

様式     油彩画

年代     1989年

価格                   お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

街歩きの季節

気温が上がり、街歩きによい季節になりました。「アートリンク in あしかが」「あしかがアートクロス」の資料が届きました。
どちらも、足利市内を歩きアートを楽しむイベントです。あしかがアートクロスでは、ギャラリー碧で取り扱いの作家3名が展示をいたします。
「古民家に棲む」(5/19 – 27)古民家を活用しての作品展示。ギャラリーとはまた違った空間で作品を鑑賞できる機会です。

5月はぜひ足利へ。あしかがアートクロス