アーティスト情報3-21

昨年の秋に当ギャラリーで個展を開催した、菊地武彦さんの作品が小杉放菴記念美術館で展示されます。

2020年4月11日から5月31日まで

フライヤーに大きく作品を取り上げてくださっています。
*現在も小杉放菴記念美術館は開館しております。

美術館とともに、日光で桜を愛でるのも良いかと思います。

常設展示にてギャラリーでも菊地武彦作品を展示中です。ぜひ帰りにお立ち寄りくださいませ。

作品紹介 3-10

今回は、菊池敏正さんの木彫作品をご紹介いたします。
4月30日よりギャラリー碧では立体作品の企画展を予定しております。

 

菊池敏正    Kikuchi Toshimasa

タイトル    figurative form – 022

素材        檜、漆

制作年     2016年

サイズ     大:15 × 12 × 11cm  小:9 × 6.5 × 6.5cm
6個セットの作品です。

価格                     お問い合わせください

 

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

開催情報2-14

風土祭企画の展示が終了し、常設展に切り替わりました。温かく春の到来を予感させる今日この頃、ぜひお出かけください。

作品紹介 2-3

今回は、現在開催中(2020年1月30日 – 2月11日) 菊地武彦・菊地匠 展より2作品を紹介いたします。
どちらも今年の新作です。ぜひ実物をご覧に来てください。

 

菊地 武彦    Kikuchi Takehiko

タイトル    線の形象2019‐3

素材          紙・岩絵の具・コラージュ

制作年      2019年

サイズ      60 × 84 cm

価格                       520,000円

 

 

菊地 匠     Kikuchi Takumi

タイトル    In Platea

素材          紙・岩絵の具

制作年      2019年

サイズ     52 × 40 cm

価格                      SOLD OUT

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-18:00 水曜定休)

2月11日まで開催です

現在開催中の 菊地武彦・菊地匠 展は2月11日までの開催です。後でと思っていると、過ぎてしまうのでぜひ期間内にお越しくださいませ。

菊地匠さんは、新作を交えての展示になっております。
菊地武彦さんは、2011年頃の作品と、2018年にアートクロスで古民家にて展示した頃のドローイング作品などが合わせてご覧いただけます。

アーティスト情報1-27

2月11日より小山市立車屋美術館にて開催されるグループ展「ART=Research」に菊地匠が出展致します。

昨年当ギャラリーにて開催した個展では、多くの方にご来場いただきました。今回のグループ展は研究発表という形ですが、作品も展示される予定です。
お近くに行った際は、ぜひご覧くださいませ。ワークショップやアーティストトークなども企画されています。

小山市立矢車美術館

菊地武彦・菊地匠 展

展示名  菊地武彦・菊地匠 展

会期

2020年 1月30日(木)~ 2月11日(火・祝) 休:5日

展示内容

「足利風土祭」この足利の季節イベントに合わせまして、ギャラリー碧では、足利出身の作家 菊地武彦・菊地匠による2人展を開催いたします。共に、昨年は個展を当ギャラリーにて開催いたしました。今回は、旧作を中心に、昨年の個展とは一味違ったラインナップで展示いたします。個展に足を運んでいただいた方々も、また新たな作家の一面が発見できると思います。ぜひご覧ください。

 

新春 碧セレクト展

新年、本日(1/6)より開廊しております。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

今年初めの展示は、新春 碧セレクト展です。2020年 外は寒くても、温かくお客様をお迎えして参ります。

 

作品紹介 12-21

今回は、朴 永大さんの作品を2点ご紹介いたします。
麦をテーマにした作品を作り続けていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

朴 永大     Park Young Dae

素材          Korean Ink on Korean Paper

制作年      2019年

サイズ     74 × 54 cm

価格                       お問い合わせください。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

年末年始のお知らせ

ギャラリー碧 ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

年末年始休廊のお知らせ

期間: 2019年 12月 30日 ~ 2020年 1月5日

1月6日からは、第5回 碧セレクト展を予定しております。
※2020年より冬季の営業時間が変更になります。18:00に閉廊します。

開催情報12-12

アートマーケットが終了し、現在常設展示です。大き目の作品をゆったり展示してみました。

師走、忙しい日々の間に少しでもゆったりした時間を過ごしにおいでください。

作品紹介 11-30

今回は、ドイツにて活躍を続けている作家、那須秀至さんの作品を2点ご紹介いたします。
那須さんは、各地で「鏡池」という黒い石に水を張ったインスタレーションを発表しています。
今回ご紹介する作品も、その鏡池がモチーフとなっております。

那須秀至プロフィール

 

 

那須秀至     Nasu Hideyuki

作品サイズ    約 14.5× 19.5×3cm

素材            顔料、ワックス、和紙など

制作年          2007年

価格                   お問い合わせください。

*画像ではお伝え出来ませんが、厚みがある作品です。

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

10th アートマーケット

 

今年も残すところあとひと月。12月は毎年恒例のアートマーケットを開催いたします。

ついに10回目を迎えました。今回は5日間と期間が短めですので、ぜひ思い立った時にお越しください。

期間:2019年12月5日(木)から10日(火)

ジャンルを問わずお薦め作品を、約40点展示いたします。

展示情報11-19

個展が終了し展示替えをいたしました。ゆったりと作品をご覧いただけます。

織姫山の紅葉も見頃を迎えております。散策と共に心に響くアートを探しに来てください。芸術の秋です!

菊地武彦 個展11/12までです

先週から開催中の 菊地武彦 個展 線の形象 つづらおり 遠望 11/12火曜日までです。

後で行こうと思っている方、あっという間に終わってしまいます。

特に大作はこの機会を逃すと、ギャラリーではご覧いただけませんので期間中にぜひお越しください。

図録が届きました


11月1日の個展開催に合わせて、北口ウィンドウの壁をきれいに塗りなおしております。

交通量の多い通りに面しているので、車で通りながら作品をちらっと横目に見ている方も多いのではないでしょうか。

今回、個展開催中に展示する作品は図録にも掲載されているお薦め作品です。

 

さらに、図録も届いております!限定100部は小さな作品付です(活版プリントに手彩色)

早い者勝ちですので、期間中にぜひ手に取ってご覧になってください。

菊地武彦 個展準備

11月1日から開催の菊地武彦 個展の展示作業がすでに始まっております。

本日、ほぼ展示完了しております。一足早めに作品をご覧になりたい方、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

開催情報10-17

現在は、常設展示にてお客様をお迎えしております。11月からは個展が開催予定ですが、現在は碧お薦めのバラエティーに富んだ作品をご覧いただけます。

ぜひお立ち寄りください。

線の形象【菊地武彦 個展】

「線の形象2019-2, 2019-5」2019年 紙に岩絵の具・水彩・他 200×400cm, 200×300cm

 

展示名  線の形象 つづらおり 遠望

会期

2019年 11月1日(金)~ 12日(火) 休:6日

展示内容

この度、ギャラリー碧では足利出身の作家 菊地武彦による個展「線の形象 –つづらおり 遠望– 」を開催いたします。当ギャラリーでは4回目の個展となります。

紙に岩絵の具という素材を用いつつも、日本画といった言葉では一括りにできない現代アートとしての表現を追求してきた、菊地武彦。今回は、近年新たに取り組んでいる「線の形象」というテーマ作品を発表いたします。すべて今回の個展に向けて制作された新作で、屏風風に床から立ち上がるように置かれた大作をはじめ、約15点前後をご紹介いたします。

個展に合わせて図録も出版されます。2010年以降の作品と今回の新作を主に載せたものですが、初期の作品も最後に紹介され、菊地武彦がたどってきた軌跡をたどることができます。
今までの遍歴を知る方もそうでない方も、図録を眺め、そして新作と実際に向き合うことで、菊地武彦が辿ってきた世界観を味わうことができます。

 

開催情報8-30

9月の常設展示、ギャラリー碧では、今年の夏にご他界された長重之さんに哀悼の意をささげ、氏の作品を中心に展示いたします。
人生を通じて、芸術作品を制作することに邁進された長さんを偲び、代表作である「視床」のシリーズをご紹介しております。

ぜひ、生前の長さんの姿を思い出しながら、作品をご覧になって頂けたらと思います。
長さんを直接ご存知ない方でも、きっと作品から何か感じ取って頂けるのではないかと思います。ぜひ、お立ち寄りください。