菊地匠「from A」

この度ギャラリー碧では菊地匠の4回目の個展を開催いたします。
1991年栃木県足利市生まれ。2015年東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2017年同大学大学院美術研究科芸術学専攻修了。現在は東京、足利にて制作。

菊地匠のワイプオフをはじめとする自身の関与を抑える手法が、本展では空白の作成へと向かった。

新作であるカラバッジオ『聖マタイと天使』、マネ『オランピア』のオマージュ作品を原作と見比べると、元の対象物が大胆に切り取られていることが分かる。その手法は削除や切り抜きといったデジタル処理の技術を彷彿させる。そしてキャンバスに広がる余白からはデザイン制作に使用されるアプリケーションの『アートボード』のような空間が想起される。アートボードは絵画における支持体とはまるで別物で、そこで構成されたオブジェクトは何度でも簡単に「なかったこと」にできる。また、菊地のそれはもの派における空白とも違い、素材や自然に回帰することを許さない。

“深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいている” 哲学者ニーチェのいう深淵のごとく、菊地の空白は自己の不在を究極に押し進めたものといえるかもしれない。

ここから見えてくるものはなにか。本展の詩作で菊地が指摘する顔と絵画の「類似性」にその一端が現れる。菊地は前個展『In platea』刊行誌の中で絵画における自律性をマネの画中に認めた。19世紀パリを舞台に、虚ろな表情の人物を描き続けた大作家の作品から都市に自由が浸透する一方、人々が自らの生を自ら受け止めざるを得なくなった背景を読み解いた。つまり、絵画が不可逆的(元に戻らない、一方的)な性質を帯びることを挙げたわけだが、顔という器官もまたそれを強く示唆すると菊地はいう。

20世紀フランスの哲学者エマニュエル・レヴィナスによれば、顔は地位や属性、服の着こなしといった社会性をまとうことなく人の本質をありありと表現する。つまり顔は顔であるだけで意味があるという。

曖昧な表情とは主題を持たない人の本質を表しているともいえ、不可逆的な存在とはまさに人の生そのものといえる。ではこうした生を菊地は自作でどう表現したか。

詩作には花や天使、巨人であるアトラスが人知れず佇む様子が読まれる。世界と自身とを隔てる煉獄のような空白、そこで露わになる現実への強い衝動や生への渇望。それらが行き場もなく永遠に彷徨うものとして描かれる。ここにこそ菊地の真骨頂が見て取れるのではないか。

神なき時代、それは過剰で痛々しい現実を媒介せずには生を実感できない時代ともいえる。であるならば菊地のように遠く生の鼓動を聞きながら、日常に転がる会話や記憶の断片を拾い集め、記録する行為を今、尊く想う。

会期 4月28日‐5月10日
定休日 5月4日
時間 10:00-18:00

菊地匠「SUPERFLUO」

ギャラリー碧では7月8日から菊地匠の個展「SUPERFLUO」を開催いたします。
昨年個展を開催したばかりですが、今回は前回とは別の流れの作品をミニ個展として発表いたします。

菊池匠|Takumi KIKUCHI

「SUPERFLUO」

期間 2021年7月8日 ‐ 7月20日 *14日休廊
営業時間 10:00-18:00

今回も図録を展示販売する予定です。ぜひお手に取ってご覧ください。

In platea 最終日

無事に本日、菊地匠・個展の最終日を迎えることができました。
現在の社会状況のなか、多くの方にご覧いただき感謝いたします。

特に若い方が関心をもって、遠方より足を運んでいただいたこと、嬉しくおもいます。菊地匠は碧での2回目の個展でしたが、さっそく作家の頭の中には次の展示のプランが浮かんでいるようです。

どうぞ、これからの活躍にご期待ください。ありがとうございます。

菊地匠「in Platea」

「in Platea」 2020年 岩絵の具・紙 壁面:フレスコ

2020年11月5日(木) – 17日(火)
10:00 – 19:00
休廊日 11月11日

この度、ギャラリー碧では足利出身作家 菊地匠の2回目の個展を開催いたします。

昨年に続き開催する今回の個展のタイトルは「in Platea」。
これは、ラテン語で「中庭」や「通り」を表し、古代の中庭にいるような空間を演出いたします。
そのため、作家自身が作成したフレスコ画の壁を、ギャラリー内に設置、その中にさらに作品を展示するという菊地匠ならではの特別な空間となります。
すべて今回の個展のための新作で、約15点の作品が並びます。
ぜひ、この機会にしか体験できないアート空間をご覧に足をお運びください。

以下のお客様はご来場を控えるようお願いします。
・37.5度以上の発熱がある方
・咳、のどの痛み、くしゃみ、鼻水などの風邪の症状がある方。
・体調がすぐれない方。

・マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

プレスリリース in Platea

菊地武彦・菊地匠 展

展示名  菊地武彦・菊地匠 展

会期

2020年 1月30日(木)~ 2月11日(火・祝) 休:5日

展示内容

「足利風土祭」この足利の季節イベントに合わせまして、ギャラリー碧では、足利出身の作家 菊地武彦・菊地匠による2人展を開催いたします。共に、昨年は個展を当ギャラリーにて開催いたしました。今回は、旧作を中心に、昨年の個展とは一味違ったラインナップで展示いたします。個展に足を運んでいただいた方々も、また新たな作家の一面が発見できると思います。ぜひご覧ください。

 

渡良瀬通信に掲載中

地元の情報誌「渡良瀬通信」さんに、今年ギャラリー碧で個展を開催した 菊地匠さんのインタビューが掲載されています。

2019年9月号です。販売もされていますが、足利・佐野・藤岡地区で読売新聞を定期購読されている方には、届いているかと思います。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。

開催情報5-28

個展が終わり、現在は常設展示です。次回、7月に個展を控えている下川勝作品と、5月の個展に引き続き菊地匠の作品を1点づつ正面に展示いたしました。どちらも新作です。

また、友成潔さんが陶芸時代の作品を持ってきてくれました。届いたばかりですので、いろいろあります。手に取って、なでて、選んでいただけます。

飯田善國さんの立体も展示中です。どうぞお越しください。

In Pause. 14日までです

pose / pause 12

今月、2日から始まった菊地匠の個展 In Pause. も後半戦、14日までとなりました。後で行こうと思っていると、あっという間に時は過ぎてしまいます。ぜひ思い立った時にお越しください。

ほとんどの日で作家が在廊しております。図録にサインが欲しい方、ぜひ期間中にいらしてください。

いよいよ連休幕開け

いよいよ明日から、大型連休の幕開けです。ギャラリー碧では、5月2日から開催の菊地匠 個展「In Pause.」の準備が進んでいます。碧では珍しくインスタレーションの展示があり、作家が制作に勤しんでいます。

今回の個展は、「あしかがアートクロス」に加わっております。足利の街の中を歩きながら、美術館ほか古民家やギャラリーでアートイベントをお楽しみください。連休中、お休みの人も、そうでない人も ぜひ足を運んでみてください。

In Pause. 【菊地匠 個展】

展示名  In Pause.

会期

2019年 5月2日(木)~ 14日(火) 休:8日

展示内容

この度、ギャラリー碧では足利出身作家 菊地匠の地元での初個展を開催いたします。菊地匠は、東京芸術大学で日本画を専攻した後、同大学大学院芸術学を終了。大学院卒業後には、自身で企画した個展を東京で開催し、その時すでに既存の日本画という概念の枠を超えた表現を発表。現代アート作家としてのスタ-トを切りました。この度の個展では、以前から試みている「In Pause」というテーマで、平面作品を中心としたインスタレーション型展示に初めて挑戦いたします。紙に顔料で描かれた花々や、人物像は繊細かつ新鮮で、観る人に爽やかな印象を与えます。しかし、一見しただけでは分からない、自身の哲学を裏に秘めており、制作技法にもその考えが現れています。

今回発表される作品は、すべて新作です。展示はあくまで平面作品が中心となり、その世界観をより人々に訴えかけるよう、インスタレーションが彩ります。作家自身何度も会場を視察し、綿密にイメージを構築した渾身の個展となります。

あしかが
アートクロス

今回の個展は、あしかがアートクロスに加わっています。足利を歩いて様々なアートイベントを巡る楽しい企画になっております。ぜひガイドブックを手に、参加してみてください。

詳しくはこちらを参照ください。あしかがアートクロス

菊地匠statement

プレスリリース In Pause

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

作品紹介 3-2

今回は、菊地匠の作品を2点紹介いたします。

5月には、地元での初の個展も控えており、今後の活躍が楽しみな作家です。

菊地匠

Kikuchi  Takumi

タイトル   adonis  9

年代     2018年

サイズ    約 73cm × 52cm

様式     紙に岩絵の具

価格                   SOLD OUT

 

 

タイトル   ポーズ 5

年代     2018年

サイズ    約 73cm × 52cm

様式     紙に岩絵の具

価格                   SOLD OUT

 


作品に関するお問い合わせは、下のフォームより気軽にご連絡下さい。
お電話でも承っております。TEL: 0284-21-3258  (10:00-19:00 水曜定休)

発信 THE ARTS OF ASHIKAGA

 

展示名  発信 - THE ARTS OF ASHIKAGA –

会期

2018年 9月20日(木)~ 10月2日(火)

展示内容

足利市美術館で開催される長重之の展覧会に合わせまして、足利出身の作家を中心に展示いたします。

長重之のレリーフの作品や菊地武彦の大作を中心に、若手作家作品もご紹介いたします。美術館と合わせて、ぜひ足をお運びください。

 出展作家

長重之、菊地武彦、牧田草平、菊地匠 他 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

開催情報9-1

東の部屋の改装がひと段落しました。壁が真っ白になりまして、とても広く感じます。
今度は、釘もしっかり効きますので、大きな作品も展示することができ、よりよい展示会ができそうです!

現在は、菊地匠さんの新作を中心に展示しております。ぜひ、塗りたての真っ白の壁と共に作品をご鑑賞ください。

 

雨が続きますが

6月もそろそろ終わり。一年の半分が過ぎようとしております。ギャラリー碧では、雨でも変わりなくお客様をお待ちしております。

先日、菊地匠さんの新作が届きました。紙に岩絵の具を使用しているところは、前の作品と同じですが、今回はその顔料をすぐに取り去るという作業が加わっています。

うっすらと残る顔料、しっとりとした表面が不思議な魅力を湛えています。ぜひあしをお運びください。(画像では、いまいち魅力を伝えきれません。ぜひご自身の眼でご覧になってください。)

 

足利風土祭企画 2人+2人展

 

展示名  2人+2人 展

会期

2018年 2月1日(木)~ 13日(火) 7日:休

展示内容

足利市で開催される、食とアートの祭典「足利風土祭」
ギャラリー碧では、この祭りに合わせて、足利出身の作家4名の展示を開催いたします。

栃木県を代表する作家2名(飯田善國 長重之)と、若手の作家2名(牧田草平 菊地匠)を合わせた展示です。すでに名前の知られた作家作品を、再認識するとともに、これから更なる活躍が期待される作家をご紹介いたします。

出展予定作家

 飯田善國、長重之、牧田草平、菊地匠

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)