第9回 アートマーケット

 

展示名  9th Art Market 

会期

2018年 12月13日(木)~ 18日(火)

展示内容

毎年恒例になりました、アートマーケット。
好評を頂き、今年で9回目を迎えます。
年に一度、ジャンルを問わずお薦め作品を、一堂に展示いたします。
数ある中から、お気に入りの一点を探しにいらしてください。

 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

友成 潔 展 11月1日より

11月1日より開始の友成潔 展 展示が完了し早めにお客様が見にいらしております。

今回の新作もインパクトのある力作ばかりです。東洋的かつモダンな友成さんらしい世界観が広がっております。

展示場所によって、いろいろな楽しみ方ができる作品達です。現代的な部屋にももちろん、茶室に飾っても良いかもしれません。

友成 潔 展

 

「相対‐陰」2018年

 

展示名  友成 潔 展

会期

2018年 11月1日(木)~ 11日(日)休:7日
9年ぶり、ギャラリー碧では2回目となる友成潔の個展を開催いたします。

陶芸から創作活動を出発し、半世紀以上にわたり作品発表を続けている友成潔。過去の作陶時代においては「布シリーズ」や、陶土を吊るし重力によってできた姿をそのまま焼き付ける「吊体」作品などを発表、独自の表現を追求し評価を得てきました。

2004年以降平面作品に移行するも、彼は「作陶も平面表現も同じ基盤に立ったものであり、描くという絵画表現とは、一線を隔すもの」としています。

この度の個展では、「相対」「相剋」と題された新作を中心に展示いたします。これまでの「DOTT-(痕跡)」「水の痕跡」「無明」といったテーマに加え、喜寿が近づいてもなお新たなる展開を続ける友成潔の世界観を感じていただけることと思います。

その探求をより鮮明にしたく、過去の陶・平面作品も合わせて展示いたしますので、ぜひご高覧ください。

 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

開催情報10 – 5

10月になり、企画展が終了し常設展示になりました。引き続き地元の作家もご覧いただけます。

芸術の秋!是非お散歩がてらお寄りください。

 

発信 THE ARTS OF ASHIKAGA

 

展示名  発信 - THE ARTS OF ASHIKAGA –

会期

2018年 9月20日(木)~ 10月2日(火)

展示内容

足利市美術館で開催される長重之の展覧会に合わせまして、足利出身の作家を中心に展示いたします。

長重之のレリーフの作品や菊地武彦の大作を中心に、若手作家作品もご紹介いたします。美術館と合わせて、ぜひ足をお運びください。

 出展作家

長重之、菊地武彦、牧田草平、菊地匠 他 

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

開催情報9-1

東の部屋の改装がひと段落しました。壁が真っ白になりまして、とても広く感じます。
今度は、釘もしっかり効きますので、大きな作品も展示することができ、よりよい展示会ができそうです!

現在は、菊地匠さんの新作を中心に展示しております。ぜひ、塗りたての真っ白の壁と共に作品をご鑑賞ください。

 

開催情報8-17

夏季休業が明け、ギャラリーはいつも通りお客様をお迎えしております。

外の暑さと喧騒を避けて、ぜひ足をお運びください。
現在は、菊地武彦さんの大きめの作品を中心に展示しております。

開催情報8-6

現在、ギャラリーではサマーマーケットが終了し、地元の作家を中心に常設展示に切り替わりました。
気軽にお立ち寄りください。

サマーマーケットの展示風景

いよいよ19日から、サマーマーケットpart 2が開始です。去年のpart1では、ジュエリーが多めでしたが、今年はアート作品を全面に展示しております。

地元作家作品に加え、夏に似合いそうな、すっきりとした抽象絵画、立体作品など。連日猛暑日が続いていますが、ぜひ元気にお越しください。ギャラリー内は冷房が効いております。

 

サマーマーケット part 2

 

展示名  サマーマーケット part 2

会期

2018年 7月19日(木)~ 31日(火)

展示内容

去年に引き続き、今年もサマーマーケットを開催いたします

現役の取り扱い作家に加え、具象の作品も多く展示いたします。

暑い中ですが、ぜひお立ち寄りください。

出展予定作家

江見絹子、田中岑、田淵安一、村井正誠、森省一郎、他

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

開催情報6-8

現在は、注目の現代作家作品を展示しております。

東側の部屋では、先月アーツ前橋にて展示をしていた菊池敏正の作品を中心にご覧になれます。
現在彼の作品は、イギリスのヴィクトリア・アルバート美術館でも、展示されております。

 

西側の部屋では、「古民家に棲む」で展示されていた牧田草平作品、2点が展示中です。
会場でご覧になれなかった方、ぜひギャラリーで2点のみですがございますので、足をお運びください。

開催情報5-11

ゴールデンウィークが終わり、ほっとしたこの時期 ギャラリー碧は常設展示に切り替わりました。

5月13日から始まる「ああしかがアートクロス」に合わせて、地元の作家をご覧になれます。
アートクロスに参加している作家3名、菊地武彦、田沼真澄、牧田草平の作品もございます。

その3名が展示する「古民家に棲む」は5月19日より開催です。詳しくはこちら

 

 

19日は、SLが走るイベントもあり賑やかになりそうです。足利の街を散策しながら、楽しいひと時を。

あしかがアートクロス「古民家に棲む」

あしかがアートクロス「古民家に棲む」

展示風景 NEW LIGHT ARTISTS

4月26日から開催の展覧会 NEW LIGHT ARTISTS part2  展示の様子を早めにお届けいたします。今回も、戦後美術のまだまだこれから光をあてていきたい作家を選出しました。この展覧会を通して、「このような素晴らしい作家がいたのだ」ということを、ぜひ感じていただきたいです。(出展作家:一原有徳 岡本建彦 瀬戸浩 豊島弘尚 行木正義 西村陽平 彦坂尚嘉 保田春彦)

 

NEW LIGHT ARTISTS part-2

 

展示名  NEW LIGHT ARTISTS part2

会期

2018年 4月26日(木)~ 5月8日(火)

展示内容

Part -1に引き続き、戦後前衛的な作品を発表し続けた作家を取り上げ、新たな光を当てていく展覧会です。「新しい光」をあて、作家たちの素晴らしさを再認識してもらおうという試みです。
 出展作家

 

一原有徳 岡本建彦 瀬戸浩 豊島弘尚 

行木正義 西村陽平 彦坂尚嘉 保田春彦

お電話でもお問い合わせを受け付けております。気軽にご連絡ください。TEL (0284-21-3258)

常設展示に切り替わりました

春爛漫の陽気になってまいりました。東京方面では桜が満開なようですが、足利ではこれから見頃を迎えそうです。
ギャラリーでは、常設展示に切り替わり、ゆっくりと作品をご覧いただけます。ぜひ、お立ち寄りください。

my sweet toxicants 残すところ3日です

寺村サチコ MY SWEET TOXICANTSもいよいよ、今週の火曜日で終了です。
寺村さん本人が展示に一日がかりで取り組んでくれた、空間です。期間終了後は同じ空間は出来上がらないので、
まだご覧になっていない方、ぜひ残り3日のうちに足を運んでみてください。

 

個展 初日を迎えました

本日、寺村サチコ MY SWEET TOXICANTS 初日を迎えました。あいにくの雨となりましたが、淡い光の中で作品をより幻想的に感じます。(作家在廊予定日は、3月10日、13日、17日、20日午後となっております。)
あらためまして、ステイトメントのご紹介です。

  寺村サチコ|Sachiko Teramura MY SWEET TOXICANTS 2018.3.8 – 3.20

1986 年兵庫県生まれ。2010 年多摩美術大学美術学部テキスタイルデザイン専攻卒業、2012年多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン研究領域修了。現在は群馬県にて制作活動中。

受賞歴に2011 年前橋アートコンペライブグランプリ、2014 年2016 年グッドデザインぐんま奨励賞受賞。おもな展覧会歴に、2018 年彼女たちのまなざし(アーツ前橋、群馬)、2017 年群馬のシルクアーティスト2 人展(日本絹の里、群馬)、群馬の美術2017(群馬県立近代美術館)、2016 年買える!アート展(越後妻有里山現代美術館キナーレ、新潟)、2015 年中之条ビエンナーレ(旧廣盛酒造、群馬)、2014 年Upperud Cabinet of Curiosity(Dalslands konstmuseum、スウェーデン)など。

寺村サチコは染織という技法を駆使して、感情や生命とは何かを問い続ける作家だ。あらゆる関係性と時間の中から感情を抽出し、形を与える。作家自ら「キラキラ」、「ドロドロ」と語る作品には、卑近なまでのリアリティと女性特有のしなやかさが同居している。

形はどれも異様だ。アンバランスな身体、腫れた表皮、不揃いな組織、しかし一方で、ある種の強度も備えている。色鮮やかに増殖する造形物は、そのまま「花」や「ファッション」という女性のアナロジーともつながるが、そこに矛盾や躊躇はない。また、宙を舞う存在の軽さやしなやかさは、物質的剛性や信頼性が失われるほど逆説的に存在が際立つ。偶像を禁じたがゆえ、一神教の神はもっとも「存在」していたという原理に近いといえる。

嫉妬や憎悪でゆがんだ心も、現実との接点を失ってなお命をつなごうとする、その強烈な生命力に寺村は魅了されたのかもしれない。染織によって、寺村は布に生命を宿す。しかし、染料は布の種類により染まるものと染まらないものがあり、常に試行錯誤が必要だ。「ドロドロ」と壊れかけた心も、愛情と反目を繰り返し、いつか受容されることを待ち望んでいるではないだろうか。

印刷、ダウンロードはこちらからお願いします。teramura sachiko