11月の個展にむけて

本日は、11月に個展を開催する菊地武彦さんが、作品撮影を行っております。後、2か月と少し。どんな展示になるか、楽しみですね。

今回は図録も出す予定です。今回の個展作品に加え、過去の作品も掲載、菊地武彦の作品遍歴を見通せる、素敵な図録になりそうです。

渡良瀬通信に掲載中

地元の情報誌「渡良瀬通信」さんに、今年ギャラリー碧で個展を開催した 菊地匠さんのインタビューが掲載されています。

2019年9月号です。販売もされていますが、足利・佐野・藤岡地区で読売新聞を定期購読されている方には、届いているかと思います。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。

In Pause. 14日までです

pose / pause 12

今月、2日から始まった菊地匠の個展 In Pause. も後半戦、14日までとなりました。後で行こうと思っていると、あっという間に時は過ぎてしまいます。ぜひ思い立った時にお越しください。

ほとんどの日で作家が在廊しております。図録にサインが欲しい方、ぜひ期間中にいらしてください。

いよいよ連休幕開け

いよいよ明日から、大型連休の幕開けです。ギャラリー碧では、5月2日から開催の菊地匠 個展「In Pause.」の準備が進んでいます。碧では珍しくインスタレーションの展示があり、作家が制作に勤しんでいます。

今回の個展は、「あしかがアートクロス」に加わっております。足利の街の中を歩きながら、美術館ほか古民家やギャラリーでアートイベントをお楽しみください。連休中、お休みの人も、そうでない人も ぜひ足を運んでみてください。

2019年もアートクロス!

先日、あしかがアートクロスのチラシが届きました。2019年の今年も開催です!4月13日から約2か月間、足利市内で様々なアートイベントが開催されます。

ギャラリー碧では、5月に菊地匠の個展を開催いたします。気候の良い時期、市内をぶらぶらぜひ歩いてみてください。きっと新たな発見が!

あしかがアートクロスについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

ドアの色を変えました

ただいま、新春 碧セレクト展が終了し常設展示に切り替わっております。
寒さが、一番厳しい時期ではありますが、ギャラリーは少しづつ改良を重ねております。少しでも作品にとって、よい空間を目指して。

壁を直してから気になっていた、ドアの色を変えました。古い蛍光灯もLEDに替え、スポットのラインを追加してみました。

今年は、個展を2つ予定しております。作家さんは、気合十分で準備しております。その作品に恥じない空間になっていれば幸いです。ぜひお越しください。

 

接近 友成潔 作品

現在開催中の友成潔 展もいよいよ残り少なくなってまいりました。今度の日曜(11/11)が最終日となっております。
長年やってきた陶芸の仕事も、そして新作もご覧になれる貴重な機会です。

改めて、じっくりと接近してみると陶芸作品では、コンセプトである重力の造形が存在感を放っています。
こういった作品を、30年近くも前から発表していますが、今見ても十分に斬新です。
自宅など個人的な空間に置いて楽しんでも良いですし、
また、人の集まるホテルや公共施設の広い空間に、ポンと置いても映えます。

接近して、部分やマチエールが分かるよう撮ってみました。

新作の平面作品も、ただの平面ではありません。絵画的では全くなく、厚みのある作品です。油彩やアクリルなどの一般的な顔料で「描く」のではなく、作品を磨いたり、削り出したりして出来上がった、一種の立体作品のようです。端に磨いた風合いがあり、こだわりを感じます。

こういった作品は、飾る側の度量を試されているような気がするものです。友成潔略歴

足利 七夕夜店祭り

今年も、ギャラリー碧が面する 北仲通りで夜店祭りが開催になります。七夕飾りが本日、設置されました。

2018年足利夏祭り 七夕夜祭:8月2日(木)~8月3日(金)17:30~21:30

ギャラリーではいつも通り、夜は7時まで営業しております。ぜひ、涼しくなった時間帯にお越しください。

記録集が届きました!

今年5月に開催した「古民家に棲む」の記録集が届きました。

作家さん達が協力して、出来上がった記録集です。

菊地武彦、田沼真澄、牧田草平、それぞれの展示の写真、そしてARTあしかが実行委員会の山下さん、民俗学研究科の川島さんの文章も載っています。

ギャラリーにお寄りの際は、ぜひご覧ください。サマーマーケットでは、引き続き「古民家に棲む」で展示した牧田作品を展示致します。

床直し中

ただいま、ギャラリー碧では床を直しております。古くなった、シートを剥がして、コンクリート部分をきれいにしております。

しかし!ギャラリーはお休みではありません!西側の部屋で、開廊中です。トラックが店の前にあっても臆せず、お立ち寄りください。

数日で東側の部屋もきれいになると思いますので、ぜひ見にいらしてください。

雨が続きますが

6月もそろそろ終わり。一年の半分が過ぎようとしております。ギャラリー碧では、雨でも変わりなくお客様をお待ちしております。

先日、菊地匠さんの新作が届きました。紙に岩絵の具を使用しているところは、前の作品と同じですが、今回はその顔料をすぐに取り去るという作業が加わっています。

うっすらと残る顔料、しっとりとした表面が不思議な魅力を湛えています。ぜひあしをお運びください。(画像では、いまいち魅力を伝えきれません。ぜひご自身の眼でご覧になってください。)

 

「古民家に棲む」初日です

あしかがアートクロスの展示「古民家に棲む」本日19日から初日を迎えました。JR足利駅北口から、すぐ歩いて行ける距離の古民家を活用した展示です。多くの方が早速訪れていました。会場と一体となった展示ですので、画像で観たのと会場で感じる雰囲気とは、また別物です。会場で観た方が、ずっと感じるものがありますね。

27日までですので、お見逃しなく!

街歩きの季節

気温が上がり、街歩きによい季節になりました。「アートリンク in あしかが」「あしかがアートクロス」の資料が届きました。
どちらも、足利市内を歩きアートを楽しむイベントです。あしかがアートクロスでは、ギャラリー碧で取り扱いの作家3名が展示をいたします。
「古民家に棲む」(5/19 – 27)古民家を活用しての作品展示。ギャラリーとはまた違った空間で作品を鑑賞できる機会です。

5月はぜひ足利へ。あしかがアートクロス

足利 風土祭

先日、足利風土祭のチラシとポスターが届きました。

早速、ギャラリーに掲載いたしました。

来年の風土祭は、2018年2月3日(土)~25日(日)です。

足利風土祭について
国宝と日本遺産を持つ市にふさわしいイベントにしようと
2015年にスタート。
足利産の食材を使った料理にお酒。
そして心がホッとするようなトークやライブ。
足利に縁のある作家のアートも楽しめます。

ギャラリー碧では、「2人+2人」展を開催します。

地元の作家4名の展覧会です。
(飯田善國、長重之、牧田草平、菊地匠)

お楽しみに!

足利の灯り

10月14日から22日まで、ギャラリーが面する北仲通りで「足利銘仙灯り」が行われます。

ギャラリー入口にもこのような銘仙柄の灯りが設置されました。

秋の夜長に、運動を兼ねて北仲通りの散歩はいかがでしょうか。ギャラリーは夜7時までですので、灯りを楽しみつついらしてください。
また、アートリンク in あしかがのチラシも出来上がり、お店に置いてあります。いよいよ芸術の秋です。

寺村サチコさんの作品が届きました

先日、桐生で活躍されているアーティスト寺村サチコさんが、作品を持ってきてくださいました。

色鮮やかなこの作品は、シルクでできています。

ないしょ話

作家自身で染色、絞りの技術を利用してこの独特な色合いと、形を作り上げています。
現在、ギャラリーに展示中ですので、ぜひご覧になりにいらしてください。来年の春、ギャラリー碧で個展を予定しております。そちらも合わせてお楽しみに。

また、現在群馬県高崎市にある「日本絹の里」にて作品が展示されています。ギャラリースタッフも拝見させていただきました。とてもインパクトのある作品たちです。
お近くの方は、ぜひ足を運んでみてください。

七夕飾り

ギャラリー碧が面している、北仲通りに七夕飾りが設置されました。
毎年、足利花火大会の前に、夜店が出て賑わいます。

今年は、8月3日と4日が夜店祭りです。

当日の夕方から北仲通りは、車の通行ができませんが、

ギャラリーは営業しています。

ぜひ夕涼み方々夜店を見て回り、ギャラリーにもお越しください。

足利市ホームページ

 

連休中も連休後も

今年の初咲 西洋昼顔です。お店の前で元気に咲いております。

ギャラリー碧は、連休中も連休後も花に負けず、元気に開廊しております。ぜひお出かけください。

現在、草間彌生のシルクスクリーン作品を展示中です。

足利 風土祭

先日、足利 風土祭のフライヤーが届きお店にも設置いたしました。

寒いからこそ、縮こまらずに外へ出かけましょう!ギャラリー碧では2月2日の節分より、地元の作家作品を展示いたします。