常設展示の様子

3月に入り、一歩一歩と春の訪れを感じます。そんな中、ギャラリー碧では常設展示に切り替わりました。
特に常設を楽しみにしていらっしゃる常連方が多いので、企画展とはまた違った、やりがいがあります。

牧田草平さんの木彫作品は、無事に撮影が終わり、現在は展示されておりません。ニューヨーク出発段階にあります。また他の作品がギャラリーに届き次第、随時ご紹介いたします。お楽しみに。

恩地孝四郎の代表作の萩原朔太郎の肖像や、小山田二郎のガッシュ(NHKのテレビで取り上げられたその作品)、豊田一男の代表作の蝋画など、目白押しです。